工場を運営する企業で働く場合

産業看護師の求人の中には、工場関係のメーカーの大企業の募集もあります。メーカーの募集で、工場の医務室などに勤務する場合には、機械によるケガの処置のできる人材を求める傾向があります。たとえば、操業中に機械に挟まれて指を切ってしまったとか、誤って機械の上や2階から転落してけがをした、熱唱を受けたなどの外傷を負うリスクがどうしても高くなります。

 

そこで工場系の大企業の産業看護師に求められる条件として、1次的や2次的な外傷に関する看護治療が的確にできる人材が必要とされます。熱傷や骨折、指の切断などの大けがを抱えている人の処置をすることが多いです。このような処置はいかに早くできるかどうかで助かるかどうかが決まってきます。場合によっては命にかかわるような大けがの可能性がありますので、迅速に的確な処置をする必要があります。

 

また危険物を取り扱っている工場も多いです。そこで劇物や毒物の取り扱いの資格を持っている人を求める傾向があります。


このページの先頭へ戻る